ピンサロやエステは高収入を稼ぐことができる風俗店

beautiful girl posing in room

ピンクサロンとは

いろんな人がいますが、お金が欲しいなら、高収入が風俗で人妻にも稼げてしまいます。年をとったと言っても諦めることはありませんよ。

世の中の男性を癒せる仕事をお探しならば、和歌山アロマエステ求人を見るのが良いでしょう。満足できる仕事を見つけることが出来るでしょう。

エステ店では、ほとんどのお店は基本的に歩合制にしています。
歩合制とは、売上高に応じて賃金が支払われる制度のことをいいます。
そのため、何人のお客様に接客したか、という部分で給与が決まってきます。
1日に6人のお客様を相手にした場合は6人分の給与が支払われますし、1日出勤して2人しか接客できなかった場合は、2人分の給与が支払われます。
ただ、入って間もない新人の場合は、出勤保証がつくことがあります。
出勤保証というのは、「出勤すれば1日に最低◯◯円の給与を保証する」という制度です。
また、その基本給は、接客したお客様が選択したコースによっても変わってきます。
やはり短時間コースよりも長時間コースを選択されたほうが、女の子に入ってくる給与も変わってきます。
お店によってはサービスメニューを豊富に揃えているお店もあります。
その場合はコースによって料金設定が変わり、利用料金が高いコースであるほど女の子の収入も上がります。
お客様が自分を気に入ってくれてリピーターになり、次の利用時に自分を指名してくれると、本指名料金というものが発生します。
ほとんどの店ではこの本指名料金はそのまま「本指名パック」として女の子の給与に含まれることが多いようです。
また、エステ&マッサージ系のお見お店では、他の風俗店に比べオプションサービスを設定しているお店があまりありません。
その代わりサービスメニューというものがあり、お客様がそれを選択すればそのコースの料金の一部がパックとして女の子の収入となるシステムになります。
エステは1人のお客様を接客して、だいたい5,000円ほどの給与が見込めます。
週に4日や5日出勤して、だいたい30万円~50万円くらいの収入が見込めます。
ソープランドなどに比べると若干低いですが、それでも十分高収入な職種といえるでしょう。
求人誌などを見て応募するときは、性的要素の有無に比べ、サービス内容、シフト関係の融通、給与面などを重視しましょう。
また、お店の雰囲気や人間関係なども重要なので、体験入店できる場合は体験入店をして店内の雰囲気などを見ておきましょう。
お店によっては、体験入店だとしても給与を支払ってくれることがあります。
ただ、その場合は通常の基本給よりも低い額の給与になることもあります。
【ピンサロとは】
ピンサロとはピンクサロンの略称です。
日本ではソープランドやSMクラブなどと共に、かなり古い歴史をもつ風俗店でもあります。

blonde beautiful pink shirt

サービス内容や収入面

ピンクサロンは店舗型の風俗店ではありますが、ソープランドやファッションヘルスなどとは少しシステムや構造が違います。
まず店内にはそれぞれが区分けされた個室のようなものはありません。
一部の店舗はありますが、ほとんどのお店がフロアの中で軽い仕切りを設置した状態で、周囲からほとんど丸見えの状態になっています。
そのため、周囲の女の子や利用客の様子は常に目に入ってくる状況です。
ただ、ピンサロの店内は薄暗く、またBGMが大音量でかかっているため、あまり周囲の様子をはっきり見ることができたり、会話や音などが聞こえるようなことはほとんどありません。
また、それぞれのテーブルごとに仕切り(パーテーション)を設置しているところがほとんどです。
【ピンサロのサービス内容】
ピンサロは営業登録上、飲食店という名目で登録しています。
そのため、店内のつくりはテーブルやソファが等間隔で並んでいるような状態で、その1セットを女の子と利用客が使用するというものになります。
ピンサロではお酒を飲むこともできますが、やはり性的サービスがメインになります。
性的サービスは、主にソファの上で行われます。
男性がソファに座った状態で、女の子が下に屈んでフェラチオなどのサービスをすることもあれば、男性の膝の上に対面式にまたがってキスをしたり胸をもませたりします。
ソープランドなどには浴室が付いているので、性的サービスが行われる前にお互い体を洗うことはできましたが、ピンサロには基本的に浴室はありません。
そのため、ピンサロでは性的サービスを行う前におしぼりや濡れタオルなどで性器を拭く、というシステムがあります。
利用客が自分で拭く場合もあれば、女の子が拭く場合もあります。
一通りのサービスが終われば、最後に再度おしぼりなどで綺麗にし、利用終了となります。
【ピンサロの収入面】
ピンサロは、エステと同じような歩合制を取り入れているところもあれば、時給制を取り入れているところもあります。
ピンサロには「マンツーマン」というシステムと「花びら回転」というシステムがあり、お店によって給与のシステムも変わってきます。
マンツーマンは、最初から最後まで1人の男性についてサービスを行うシステムです。
花びら回転は、女の子2~3人が1人の男性についてサービスを行うシステムです。
マンツーマン制のお店はだいたい歩合制で、花びら回転制のお店は時給制が多いです。
ピンサロは1人のお客様を接客してだいたい3,000円くらいです。
時給制の場合だと5,000円くらいです。
高収入を得ることは難しいかもしれませんが、それでも月に40万円前後くらいは稼ぐことができます。

girls are happy cheerful smile

アロママッサージ

エステとは、女性のエステティシャンがお客さんの男性に対して全身マッサージと性サービスを行う風俗店のことです。
多くのエステ店が派遣型となっており、ラブホテルか男性の自宅でサービスを行います。

エステでは、基本的に全身マッサージや、性サービスを行いますが、それ以外のサービスはしません。
そのため、風俗店の中ではかなりソフトサービスのお店だと言えます。
ただ、オプションサービスとして水着や下着姿、コスプレ姿になることや、フェラチオサービスをすることがあります。
ホテヘルや男性の自宅に入ったあと、浴室でシャワーを浴びてからマッサージや性サービスが行います。
この部分は派遣型の風俗のデリヘルやホテヘルなどと似ています。

また、もちろん他の風俗店同様、性行為(本番行為)は厳禁です。

■アロマオイルを使用してのマッサージ
「エステ」と言っても、様々な種類があります。
最も有名で、かつ取り入れている店舗が多いのが、アロマオイルを基本としているアロママッサージです。
性サービスのあるエステなどでは、エステティシャンが男性に対し体を密着させて全身マッサージを行います。
また、胸や股間などを使ってマッサージをすることもあります。
最終的に男性器にハンドマッサージを行い、射精に導きます。

利用時間が余った場合は、お客様の肩や腰をもみほぐしたりし、リラックスを提供します。
性サービスと同じくらいマッサージに力を入れているお店も多く、エステの利用客はマッサージに定評のある女の子を指名することも少なくありません。

店舗によっては、アロママッサージの先生を招いて講習・研修などを行うこともあるので、働きながら本格的なアロマ知識などを身につけることができます。
そういった部分はピンサロやソープランドには無い部分といえます。

性サービスのあるエステで働く前に、通常のエステやマッサージ店で働いたことのある女性は、その実績を買われて採用される確立がかなり上がります。
また、マッサージの経験があれば指名客も増やすことが望めるので、高収入を期待できます。

black shorts

営業時間や給料面

■ピンサロの求人事情
ピンサロは、女性の風俗系求人の中でも求人募集がかなり多いことで有名です。
日本全国に店舗があり、地方にも多く点在しています。
大手の求人情報サイトなどを利用すれば、簡単に探すことができます。

求人誌や求人サイトなどでは、「ピンクサロン」、「ピンサロ」、「サロン」などで表記されています。
これらはほとんど同じ意味です。

■営業時間
ピンサロの営業時間は、基本的に夕方~深夜の間で営業を行っています。
中には、日中から営業をしている店舗もあります。
日中から営業している店舗のことを「昼サロ」と呼びます。
この昼サロは、男性の客層が変わりますが、行うサービス内容は変わりません。
ただ、お客さんの利用料金や、嬢の給与面は変わることがあります。

昼サロは、副業としてピンサロで勤務したい女性には向いている店舗です。
お昼の空いている時間にピンサロで働き、本業と合わせて高収入を得ることも可能です。

■ピンサロ嬢の給料面
時給は3,000~5,000円前後と相場が決まっています。
性サービスがある風俗店の中では、やや安いほうに区分されます。

男性客がつくごとに数千円、さらに指名が入ったら数千円、といった感じで給料が増える仕組みになっています。
週5日で1日6時間ほどの勤務だとすると、月給で60万円くらい稼ぐことができます。
エステなどのソフトサービスのお店では性病に感染する可能性はほとんどありませんが、ピンサロは性病に観戦する確立が多少あります。
もし性病に感染した場合は仕事を休まなくてはならないので、その場合はどうしても仕事を休まなくてはなりません。

また、お客様やピンサロ嬢自身が飲んだアルコール類のドリンクバックシステムは、ピンサロ店のほとんどが行っていません。